カード式オルゴール(オルガニート)の箱を製作しました。

中に見えるのがオルゴール本体ですが、これだけでは良い音は出せず、外側の箱で共鳴させる事が重要です。今回は高級楽器材として使用されるスプルースとマホガニーの組み合わせで作りました。

とてもシンプルな箱ですが、木目を切らさない加工や、繊細な面取り加工(角の処理)など細かい部分に気を配っているため、存在感があります。

違う樹種での製作など、アイデア次第で可能性が広がりそうな作品です。